浄水器を付けてお金と健康を蓄財しよう|おすすめは「クリンスイMD101」

Pocket

普段一人暮らしをしているが、部屋の水道水を飲んでも良いのかどうか分からない。
浄水器を買うべきかどうか悩んでいる。

こういった疑問に答えていきます。

“本記事の内容”
  • 浄水器とは?付けるメリットとは?
  • クリンスイ「MD101」をおすすめする3つの理由
  • クリンスイ「MD101」のデメリット

まず冒頭の結論から説明しておくと、水道水は飲むことはできます。
水道水には、水道法で定めれている品質の基準があり、
そこには健康上問題ないかどうかというバーがあります。

そのため、問題はないのですが、基準値に満たない有害物質が存在したり、
水道管の鉄や鉛といった成分を含む可能性がありることから、個人的には浄水器あった方がいいと思っています。

なお、私は東京で独身一人暮らしですが、浄水器を使い始めて約半年が経過した段階で、
浄水器に関して感じるメリットなどもあったので、記事にまとめてみました。

それでは早速いきましょう。

浄水器とは?付けるメリットとは?

浄水器とは?付けるメリットとは?
最初に、浄水器の役割とそのメリットについて解説していきます。

浄水器とは?

「浄水器」とは、繊維や活性炭、膜などのフィルターによるろ過によって、水道水や井戸水などの飲料水から塩素や鉄さびなどの不純物を除去・浄化する装置です。

一方「整水器」は、大半が「浄水器」の機能も併せ持ち、飲料水を除去・浄化した後に、電気的あるいは化学的に分解してアルカリイオン水と酸性水に分ける装置で、医療器具の1つと位置付けられています。

それぞれの特徴を押さえ、自分にあったタイプを選びましょう。
(価格.comより抜粋)

浄水器の活用による節約効果

浄水器を使うと不純物のない水が出てきます。
味はまろやかでおいしく飲むことができます。

浄水器を買ってから自宅で作るコーヒーやお茶にハマりだし、今ではペットボトルの飲料水を買うことがほとんどありません。
マイボトルについてまとめている記事に詳しくまとめましたが、浄水器による節約効果は以下の通りです。

マイボトルは2本持ちがコスパ最強【人気かつオシャレ】

2021-04-07
休日も含めて、毎日お茶とコーヒーを外で買うと仮定するとします。
お茶・・・140円
スタバのドリップコーヒー・・・363円
(140円+363円)×30日=15,090円

以前のわたしは職場付近のスタバで毎日コーヒーを買って出社していました。
今振り返ると、自分にしては贅沢だったと思います。

あなたは毎日飲み物にいくら使っていますか?

クリンスイ「MD101」をおすすめする3つの理由

クリンスイ「MD101」をおすすめする3つの理由
浄水器を買おうと思い、最終的にクリンスイのMD101に決めました。
その理由が3つあるので解説していきます。

楽天やAmazonでよく流通しているため、カートリッジの定期購入も含め、ネットで全て完結

楽天・Amazonで「クリンスイ MD101」で調べるとすぐにヒットします。
交換用のカートリッジも別売りで購入可能なため、ネットで買い物が完結するのでおすすめな理由の1つ目です。

こういった買い物は何かのついでになりがちな上に、よく忘れます。

実物を見れるから直接店舗で購入したい、特定の店舗で買う理由がない限り、家まで届けてくれる楽天・Amazonでポチっといくのが一番かと思います。

総合的にコスパが良い

総合的にコスパが良い
値段が約3,500円と非常にリーズナブルになっています。

他の浄水器を調べると、この金額よりも安いものも出てくるのですが、実際に使うと分かる取り付け・メンテナンスのしやすさやなどの使い心地に差が出るのだと感じました。
また、デザインは水回りのあのシルバーと同色ですし、カートリッジのオフホワイトとの相性も良く、取り付け後も違和感なく使用できるのがポイントです。

取り付けやメンテナンスが楽

何事も面倒くさがりである私が、すぐ取り付けに移れたのは、取り付け方法が簡単だったからです。

取り付けの手順
①蛇口側についている先端のパーツを外す
②本体取り付け用のパーツをジャグに付ける
③本体を取り付ける
④カートリッジセット

蛇口の種類によっては①のステップが無かったりと多少方法は異なりますが、説明書を読みながら10分程度あれば完了します。

またメンテナンスは、本体横のカートリッジを回しながら取り外すだけです。
交換時期(目安)は3ヶ月といわれていますが、心配な方用にカートリッジに汚れ具合をのぞける窓があり、視覚でも確認することができます。

写真左側に付いているカートリッジに小さな窓があるかと思います。

さらに、カートリッジが横についていることが個人的には推しポイントです。
仮に後ろ側についていると、カートリッジの汚れの状況が見えにくかったり、交換も裏側に手を回さなければならないので面倒になります。

この小さな差に使い心地の良さを感じています。

クリンスイ「MD101」のデメリット

クリンスイ「MD101」のデメリット
MD101に限らずですが、デメリットは2点あると感じました。

①定期的にカートリッジの交換が必要となり、出費が発生する
②もともと蛇口についていた部品をなくさないように保管しておく必要がある(退去時に面倒)

1つ目の定期的な出費ですが、カートリッジは1つ3,000円弱します。
これが3ヶ月に1度発生します。
水道水をそのまま飲みます、という方にとっては完全にデメリットですね。

しかし、おいしく安全な水を安く飲みたい方や、普段コンビニで水を購入されている方にとっては、月にすると1,000円程度なので、毎日のことを考えると、個人的にこの出費はむしろ安いのではと感じています。

ちなみにウォーターサーバーの費用は月額3,000~6,000円程度掛かるのが平均みたいです。

2つ目についてですが、取り付け後は蛇口側のパーツをなくさないように気を付けて保管しておいてください。
賃貸の場合、無くしてしまうと退去時の追加費用が発生する可能性がありますのでご注意ください。

ちなみに私は、キッチンの上段の棚に置いています。
そこにはほとんど荷物を置いていないので、普段さわることもないので、間違って捨ててしまうなどの心配もありません。
このように保管場所に注意しておくことで解決できるかと思います。

クリンスイのたっぷり使えて経済的な蛇口直結型浄水器

まとめ:浄水器は健康・経済の両面で効果を発揮

まとめ:浄水器は健康・経済の両面で効果を発揮
今回は「浄水器をおすすめする理由」をテーマに記事を書きました。
最後にその理由をまとめます。

  • 浄水器は家で安全においしい水を飲むための必須アイテム
  • おすすめは「クリンスイのMD101」
  • デザイン・取り付け、メンテナンスが楽などのメリットを考えたときのコスパが良い
  • デメリットは購入後のコストともともと付いていたパーツの保管の必要性
  • 購入後のコストは発生するも、コンビニで買う水より断然お得
  • パーツの保管も置き場所を工夫すれば無くすことがない(蛇口に戻すのも楽)
  • 一人暮らしを始めた学生、社会人の皆さんは、導入するのが早いほど節約効果も高くなります。
    是非参考にしてみてください。

    今回は以上です。

    Pocket

    コメントを残す