定期保険のメリットとは?|定期保険の種類や役割を徹底解説

Pocket

今回の記事は、こんな方向けに書いてみました。
・定期保険って何?
・掛け捨てって入る意味あるの?損するだけなのでは?

生命保険の基本3種の1つである「定期保険」にフォーカスをして
解説していきたいと思います。

生命保険そのものが必要かどうかについては、こちらの記事でお話しています。
生命保険は必要か?|本社のベテラン総合職の私がフラットに解説します

軽く自己紹介をしておくと、
私は生命保険会社に総合職として10年以上勤めています。
営業職ではなく、内勤職であるため、
意見が偏ることなく、フラットにお伝え出来るかと思います。

この記事を読むことで、定期保険の
・仕組み(メリット、デメリット)
・種類
・入ったほうが良いのかどうか
を理解することが出来ます。

定期保険とは?|分かりやすく解説(メリットとデメリット)

定期保険とは、期間が定まっている保険で、
いわゆる掛け捨てと言われている保険です。
定期保険の特徴を一言で表すと
「一定期間、一定の額、掛け捨てで保障する代わりに安い」
といった商品です。

メリットとデメリットも非常にシンプルで、
メリット・・・保障額(保険金額)に対して、掛け金が安い
デメリット・・・期間中に解約しても解約(返戻)金がほとんどなく、
       保障期間が終わった時点で0円

生命保険が開発された初期から存在する「保険OF保険」な存在です。

定期保険の種類|覚えて欲しいのはたった2タイプ

定期保険は、平準(へいじゅん)タイプと収入保障タイプの2つあり、
この2種類を覚えておくべし。

生命保険は家の次に高い買い物、知っておいて損はありません。

【平準タイプ】
期間中の保険金と保険料が変わらないタイプ。
四角い保険と覚えてください。
【収入保障タイプ】
期間中の保険金額が年々下がっていくタイプ。
三角の保険と覚えてください。

また、保険金の受け取り方にも違いがあり、
【平準タイプ】
一括で受け取ることを前提に加入します。
【収入保障タイプ】
月額で受け取ることを前提に加入します。

この違いは加入目的で考えると分かりやすいかもしれません。
【平準タイプ】
万が一があった時に、一括でいくら必要か。
例:お葬式代
【収入保障タイプ】
普段の生活費を基準に、どのくらい必要か(金額×期間)。
例:30万円×20年

 

上記の通りですが、掛け金は平準タイプより
収入保障タイプの方が安い保険となります。

他にも、一括で受け取るタイプには
保険金がだんだん増えていく「逓増定期保険」、
逆に減っていく「逓減定期保険」などがありますが、
結論通り、最初に説明した2種類をおさえておけば問題ありません。

今まで定期保険について語ってきたわけですが、
一方でこんな風に思う方もいるかもしれません。

・配偶者が働けばOK
・実家に住めば家賃タダ
・両親に頼ればOK
・再婚すればOK

これは実際私が営業に出たときに言われたことでもあります。
再婚すればOKはちょっとビックリしちゃいましたが・・・笑

これはその家庭ごとのケースによりけりなので一概に言えないですが、
一つ言えるのは、
話し合えるうちに「ちゃんと決めておくこと」が大切だったりします。

例えば実家に移り住むとしても、
お子さんの転校などに影響し、その後の交友関係にも影響します。

定期保険に加入する必要はあるか?|掛け金で比較してみました

結論から言うと、働き盛りの方は加入しておいたほうが良いと思います。

働き盛りの方とは、
・20代~40代の社会人
・自立前のお子さんがいらっしゃる方

何故かというと
責任が重く、万が一が起きた後に必要な金額が大きいからです。

それを定期保険以外の終身保険や養老保険で準備するには
掛け金が高くなり過ぎてしまうからです。

どれくらい違うかといいますと、定期保険と終身保険で比べてみました。

例:30歳男性|保険金額1,000万円

定期保険
(保険期間は最長の80歳まで、掛け金の支払いも80歳まで)
月額3,783円

終身保険(保険期間は一生涯)

(掛け金を亡くなるまでにした場合)月額12,710円
(掛け金を定年の65歳までにした場合)月額18,740円

オリックス生命HPよりシュミレーション

結構な差になりますよね。

なので、私の結論は定期保険にもバランス良く加入し、将来に備えるべし。

最後にもういちど定期保険についてまとめると、この3点です。
・定期保険の特徴は、掛け金は安いが掛け捨てである
・定期保険の中でも「平準(へいじゅん)」と
 「収入保障」の2タイプに分かれ、収入保障タイプの方が掛け金が安い
・定期保険は働き盛りの方には必要

定期保険は確かに掛け捨てで損をするように感じますが、
それを補うコスト面でのメリットがあります。

バランスよく加入していきましょう。

Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。