学資保険の代わりに0歳から始めるドル建終身保険【やはり最強】

Pocket

ねおまさ
お子さんが生まれると一度は考える学資保険。ぶっちゃけいりません。でも子供のうちから生命保険の準備をすることのメリットが魅力的過ぎるので解説していきます。

では具体的にどんな生命保険がおすすめなのかについて深掘りしていきます。

 

そもそも、学資保険とは?

学資保険とは

まず、そもそも学資保険とはどんな保険なのかについて解説します。このタイプの保険は、子供の教育資金を主な目的とした貯蓄型の生命保険です。将来必要になるお子さまの教育資金を準備しながら、契約者(親など)に万一のことが起きても教育資金の備えができます。

一般的には、子供の節目となるタイミング(入学など)にお祝い金が出るタイプが多いです。ですので、学資保険は万が一の保障に備えつつも教育資金を貯めていけるので、貯金よりも安心感があります。

しかし、学資保険にはデメリットもあって、

  • 保険プラス貯金なので、掛け金(保険料)は割高
  • 子供は急な病気などのイレギュラーな出費が多い→学資保険はある一定の時期がこないとお祝金が受け取れない仕組み

 

これらの理由から、私は学資保険はおすすめしません。

お子さんのためのお金は、イレギュラーな出費が多いため、現金は手元に持ちつつ将来の学費などに向けて貯金していく方がベターです。しかし、子供のうちから生命保険自体に入っておいた方が掛け金も安く、めちゃくちゃお得なので、どんな保険に入るべきなのかをご紹介していきます。

 

学資保険代わりに子供にもドル建終身保険【モデルプラン紹介】

学資保険代わりにドル建終身保険

一般的なお祝金付きの学振保険に入るくらいなら、私はドル建終身保険をおすすめします。

子供のドル建終身保険 3つのメリット

  • 子供なので掛け金(保険料)が安い
  • 払込み期間を短く設定することで、小さいうちに掛け金の支払いは終了し万が一の保障を持てる
  • 支払いが終わったあとも、解約金は増え続ける(大人になってから加入するよりも当然寝かせられる期間は長い)

 

会社によってルールは異なりますが、子供でも0歳から加入できます。今回は「0歳から始めるドル建終身保険」を全力プッシュします。

ドル建終身保険について知りたい方はこちらで解説しています。

↓↓

保険でお金が貯まる?|生命保険でできる簡単貯金【終身保険が最強】

2020-01-05
  • 0歳のドル建終身保険(低解約返戻金型)のプラン
  • 1ドル=100円で計算
  • 被保険者 0歳の男の子
  • 保険金額:50,000ドル(=500万円)
  • 払込み期間:10年(=10歳で払込み完了)
  • 掛け金(保険料):88.80ドル(=8,880円)

 

 

ねおまさ
注意して欲しいのは、掛け金を払っている10年間の間に解約した場合、通常よりも解約金が少なくなってしまうということです。この商品は「低解約返戻金型」で、掛け金を払っている最中、解約金額を少なくする代わりに掛け金を割安にする商品だからです。加入する際は「辞めずに続けられるか」ということをしっかり考えて加入しましょう。

解約返戻金の推移

キャッシュバリュー表01
キャッシュバリュー表02

上記の通り、解約金は払込みが終わった翌年、11年目からグッと増えます。そこから徐々に増え続け、お子さんが22歳の大学卒業時に支払った掛け金よりも多くなります。

以下、解約金÷支払った掛け金

↓↓

  • 30歳…12,940÷10,656=121%
  • 35歳…14,545÷10,656=136%
  • 40歳…16,390÷10,656=154%
  • 45歳…18,470÷10,656=173%
  • 50歳…20,800÷10,656=195%
  • 55歳…23,380÷10,656=219%←ついに2倍
  • 60歳…26,215÷10,656=246%

1年ごとに換算すると、約3万円弱増えていく計算です。

 

学資保険代わりにドル建終身保険に加入するメリット

メリット

おすすめしているのプランの最大のメリットはお子さんが大きくなってからの選択肢の幅が多いということです。

  • そのままお子さんに権限を移譲(契約者変更)し、一生涯の保障を持ってもらう→お子さんは掛け金の支払いなく、終身保険を持つことができます。
  • 解約金を結婚資金に充てる
  • 住宅ローンの頭金にする など

 

また、そのままいざという時の出費に備え持ち続けると、毎年3万円弱増え続けます。今時そんな貯金はありません。寝かせられるならそのままにしておきましょう。

 

学資保険が必要な人もいる【貯金が出来ない人向き】

一方で学資保険に入っておいた方が言い方もいらっしゃいます。それは貯金が苦手で、計画的にお金を貯めることが出来ない方です。独身時代、衝動買いなど指定しまい、貯金ができずに定期預金をしていた方なんかは検討してみても良いかもしれません。

 

まとめ:学資保険よりもドル建終身保険

まとめ

今までの話をまとめますと、

  • 学資保険は貯金が苦手な方は入った方が良い
  • それ以外は現金は手元に置いておき、長期的な貯金として「0歳から始めるドル建終身保険」に加入→安い掛け金、保険会社に寝かせておく期間が長いのでどんどん解約金が増える

 

今回はドル建終身保険の可能性の1つとして子供向けプランのメリットについて説明しました。これからも一緒に生命保険について学んでいき、賢くリスクに備えていきましょう。

Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。