日東駒専ランクが生命保険会社総合職に就職する戦略を考えてみた【ターゲットは外資中堅】

Pocket

Business photo created by ijeab - www.freepik.com

生保総合職に興味がある人
生命保険会社の総合職に興味はあるが、高学歴が入社しているイメージです。学歴普通の自分が就職できるのか知りたい。
こういった疑問に答えていきます。

“本記事の内容”
  • 攻めるは中堅・外資系|日東駒専ランクの大学が生命保険会社総合職に就職するために
  • 日東駒専ランクの就職戦略 新卒編
  • 日東駒専ランクの就職戦略 転職編

生命保険会社の総合職に就職・転職するために、一般的にはMARCH(マーチ)以上の学歴が必要になってきます。

さらに、大手ほど学歴で足切りする傾向にあるため、学歴が高くなり早慶上智出身者の割合が高くなります。

これだけだと価値のない情報なので、今回の記事では、MARCH以下の学歴だったとしてもチャンスはあるということをお伝えできればと思います。
なぜなら、私自身が日東駒専ランクの大学を卒業し、生命保険会社の総合職として働いているからです。

この記事を読むことで、平均的な学歴でも生命保険会社の総合職として就職できること、就職・転職するための着眼点を知ることができます。

1分で読むことができるので、ぜひ読んでみてください。

それでは早速いきましょう。

 

攻めるは中堅・外資系|日東駒専ランクの大学が生命保険会社総合職に就職するために

攻めるは中堅・外資系|日東駒専ランクの大学が生命保険会社総合職に就職するために
日東駒専ランカーが生命保険会社に就職するためには、戦略的に動く必要があります。

それが学歴に合わせてターゲットを絞るということです。
因みに、大手保険会社が日東駒専ランクの大卒者を何名採用しているかのデータがまとまっているサイトがあるのでご紹介します。

日東駒専/産近甲龍と保険業界の相性

古いデータですが、業界にいる私から見ても今もその傾向は変わりません。

これを見て大手でも入社する猛者が少なからずいるのであれば、より間口の広い中堅、外資系に絞って活動するのが私がおすすめする就職戦略です。
では、私が思う大手と中堅・外資を線引きしてみましたので、ご参考ください。

なお、このボーダーはあくまで就職活動として内定を狙えそうという視点で判断しているものとなります。

大手:内定を狙うのは難しそう かんぽ生命、住友生命、第一生命、大同生命、T&Dフィナンシャル、東京海上あんしん、日本生命、三井住友海上あいおい生命、明治安田生命、ライフネット生命、楽天生命
中堅・外資:内定を狙う アクサ生命、アクサダイレクト、朝日生命、アフラック、イオン・アリアンツ、SBI、エヌエヌ生命、FWD富士、オリックス、カーディフ、クレディ・アグリコル、ジブラルタ、ソニー生命、SOMPOひまわり、第一フロンティア生命、大樹生命、太陽生命、チューチッヒ、なないろ生命、、ニッセイ・ウェルネス生命、ネオファースト生命、はなさく生命、富国生命、フコクしんらい生命、プルデンシャル生命、PGF生命、マニュライフ生命、三井住友海上プライマリー生命、みどり生命、メットライフ、メディケア生命

こう見ると、意外とターゲットが多いことが分かるかと思います。
とはいえ、狭き門であることに変わりはありませんので、十分準備したうえで臨む必要があります。

 

日東駒専ランクの就職戦略 新卒編

日東駒専ランクの就職戦略 新卒編 Sale vector created by macrovector - www.freepik.com

では、どのような準備が必要か説明していきます。
まずは、新卒編です。

ターゲットである中堅・外資は大手よりも学歴フィルターは甘く、学歴によって説明会にすら参加できない、といったこともなく書類選考から真剣勝負ができると思います。
特に外資系は、面接でのパフォーマンスも重視してくれるように感じました。

本番でパフォーマンスを最大限発揮するために必要なのは、準備と経験値の2つです。

必要な準備は以下の通りです。

  • 志望理由等の基本はきちんとおさえる:なぜ生保業界?なぜその会社なのかの作りこみ
  • 面接時のプラスアルファの評価を得ることが大事:例)私の場合はプレゼン能力をアピールするために、スピーチのようにジェスチャーを入れながら面接に臨んでいました(多少オーバーなくらいがちょうど良い)

ホームページやその他口コミサイトを見ながらリサーチしたり、面接対策は実際声に出しながらシュミレーションすることをおすすめします。

また、経験値に関しては、大手生保を受けることをおすすめします。
大手でも書類選考を通過することがあり、面接まで進むと、同じ生命保険業界かつ大手なので、あなたの経験値になります。

そうした努力を積み重ねたうえで、中堅・外資を受けるとあなたの力を発揮することができます。

日東駒専ランクの就職戦略 転職編

日東駒専ランクの就職戦略 転職編 新卒とは違い、転職においては社会人としての経験が問われます。 そのため、大手・中堅・外資関係なく、今までの経験が生かせる求人に募集することが最適解といえます。

今ですと、どの会社もIT・システム系や、数理を得意とするアクチュアリーの経験者は人を欲しているように感じます。

  • 自社のシステム開発、保守担当
  • 社内インフラの環境整備担当
  • Webマーケティングの推進単横
  • アクチュアリー経験者担当 など

また、人事・総務をはじめとした内勤経験者の募集もよく見かけます。

一方、生保総合職への転職が厳しいのは、営業職のみの経験者です。

営業職出身で優遇されるのは現地採用の営業職員がメインとなるため、営業職出身の方が総合職を目指す場合、求人にマッチしたプラスアルファのアピールポイントが必要となります。

 

まとめ|新卒は中堅・外資、転職は自分の経験に合った求人を攻める

まとめ|新卒は中堅・外資、転職は自分の経験に合った求人を攻める 今回は「日東駒専ランクが生保総合職に就職するには」というテーマで解説してみました。 最後に今までの流れをまとめます。

  • 生保総合職の学歴はMARCH以上がほとんどのため、日東駒専ランクは戦略的に動く必要がある
  • 新卒:学歴フィルターがほぼなく、実力で判断される中堅・外資を狙う
  • 転職:大手・中堅・外資関係なく経験にマッチする求人を攻める
  • 営業職メインのキャリア者は、内勤職を目指すうえでプラスアルファの材料が必要

あなたの学歴やキャリアに合わせて活動することで、必ず面接はうまく進みます。 場合によっては大手に入社することもあります。

応援しています。今回は以上です。ではまた!

 


【ご参考:生命保険会社への就職/転職におすすめなサイト】
取り扱っている案件が多いので、無難に大手がおすすめです。
取り敢えず登録しておけば、様々な業種の求人を見ることができます。

Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。