保険でお金が貯まる?|生命保険でできる簡単貯金【終身保険が最強】

Pocket

おそらく、この記事を読むほとんどの方が悩んでいる「貯金」についてお話していきたいと思います。タイトルにもある通り、生命保険を活用した貯金についてのお話していきます。

この記事はこんな方にオススメです。

・生命保険についてもっと詳しく知りたい
・生命保険の貯蓄性を知らない
・貯蓄性商品の中でも何が良いのか分からない

お金って減るのは早いですが、貯める方はものすごく時間がかかりますよね?お金を貯めたいけどどうしたらいいか分からない。投資?ギャンブル?どれも素人にはリスクが高いし、手を出すにしても不安ですよね。そんななかで、ローリスクでお金を貯めたり、増やしたりできるのが「生命保険」です。
貯金が安定的に増えていくと、経済的にも精神的にも余裕ができ、安定します。是非、生命保険を活用した貯蓄について覚えて欲しいと思います!更に、後半では私が具体的にどんな生命保険に加入しているのかも紹介しますので、併せてご参考にしてください。

この記事を読むことで、

・生命保険で貯蓄する方法を知ることができる
・「〇歳で〇百万貯める」という計画が立てられる

また、この記事の信頼性の担保ですが、私は生命保険会社に内勤として10年以上勤めており、営業社員や営業管理職への教育部門で仕事をしていることもあり、生命保険の優位性をフラットにお伝えすることができます。

生命保険で貯金するなら終身保険が安定

結論から言うと、生命保険でお金を貯めるなら終身保険がベストです。

なぜなら、死亡保障でお金が貯まる商品は、

・定期保険 = 貯まらない(掛け捨て)
・養老保険 = 貯まる(保険料高い)
・終身保険 = 貯まる(保証金額と保険料のバランスが良い)

の2種類で、バランスの良さを考えると「終身保険」が一番良い選択肢となります。

死亡保険の種類についてはこちらで詳しく解説していますので、ご確認ください。

では、なぜ終身保険でお金が貯まるのか、ここについて解説していきます!終身保険は死亡保険の一種ですが、加入している間に支払った保険料に対して、解約返戻金が増えていく側面を持っています。

解約返戻金が増えていく理由は2つあり、

①保険料を払っているから(当たり前ですよね笑)
②支払っている保険料に対し、保険会社が運用し増やしてくれているから

そのため、「終身保険は保険料の払い込みが終了した後も、解約金が増え続けていく」という凄まじい機能があります。←ここ、大事ですよ!!
「終身保険は寝かせてこそ貯蓄性商品としての威力を発揮する」
これを知っていると「〇年後に〇百万円貯金する」なんていう計画を現実的に立てることができます。

また、これは私の経験談でもあるのですが、生命保険を軸に貯金を考えると精神的にすごく楽になります。お給料から固定費として貯蓄分に回るので、その他はある程度自由に使えるというメンタルで過ごせる(だからといってムダ使いはダメですよ)。しかも預貯金よりも貯蓄性も高いという!

ここからがデメリットです。

・終身保険での貯蓄は短期では引き出すことはできない
・早期で解約した場合は元本割れする

そのため、中長期で貯金したい金額を設定し、加入するのがベストです。
預貯金のように、すぐに引き出したりはできないということは、覚えておいてくださいね!

突発的に必要な金額は貯金しておく必要があります(個人的には独身は100万円あれば、突然の出費でもある程度のことはカバーできると思います)

そんなこと言っても、生命保険に加入する中、経済的に困る瞬間もあるかもしれません。そんなときは「契約者貸付」をオススメします。これは貯まっている解約返戻金の中で生命保険会社からお金を引き出すことができるという制度です。解約返戻金の8割程度までという上限もきちんと決まっていますし、返済しなかったとしても保険金支払い時と相殺されますし、非常に便利な制度です。
(どこまで貸付が可能かどうかは、各生命保険会社によって異なります)
まとめますと、

・生命保険でお金を貯めるには終身保険がオススメ
・終身保険でお金が貯まる理由は、支払った保険料に対して保険会社が運用してくれるから
・終身保険で〇年後、〇百万円貯める、なんていう計画が立てられる
・終身保険で貯金するとすぐには引き出せないので、ある程度の預貯金は準備しておくべし

となります。

オススメは「ドル建」の終身保険

前半は終身保険で貯蓄していくことのメリット・デメリットについて解説していきました。

後半では具体的にどんな商品が良いのか、私の実際加入している商品を紹介しながらお話していこうと思います!貯蓄性商品には養老と終身があり、終身の方が良いという話をしました。さらにオススメなのが「ドル建」の終身保険です。普通の終身保険よりも割安な保険料で加入することが出来るからです。

割安な理由ですが「運用先の利率の違い」にあります。一般的な終身保険は「円建」で日本の国債をメインに運用していますが、「ドル建」は米国債で運用します。米国債の方が運用利率は高い結果となります。運用利率が高い方が、生命保険の商品としても保険料は割安で、解約返戻金は貯まりやすくなります!

国債の運用利回りはこちらをご確認ください

月々の保険料で比較すると、こんな感じです。
例)男性・35歳で加入・60歳保険料払い込み満了・(満期)保険金額1,000万円(10万ドル)
※1ドル=100円計算

 養老保険終身保険(ドル建)終身保険
毎月の保険料34,130円28,910円(17,620円)
176.20ドル
60歳までの総額保険料10,239,000円8,673,000円(5,286,000円)
52,860ドル
65歳時の解約返戻金8,340,000円(6,168,000円)
61,680ドル
解約返戻率96.2%116.7%
https://www.sonylife.co.jp/examine/

養老保険の③④は空欄ですが、60歳時点で1,000万円の満期保険金を受け取り保険自体も消滅します。支払った保険料に対し、確実に貯まっていき、長期的にみれば確実に資産となって積みあがっていく。私がドル建終身保険をオススメする理由がこれです。

また、これからもう1つ事例を紹介しますが、これは私が24歳の時に加入したドル建終身保険となります。
ちょっと恥ずかしいですが見ていってください笑

保険内容は、

保険金額|10万ドル(1,000万円)
月の保険料|155.22ドル(15,522円)
払い込み満了|40歳(払い込み期間は16年ですね)


※1ドル=約92円と昔のレートで換算しているので、多少金額イメージに違和感があるかもしれませんが、ご容赦ください

・16年間のローンで1,000万円の死亡保障の権利購入
・40歳以降は保険料を支払わずとも、お金が増えていく(老後を迎える65歳時点では倍額になっていますね)

と考えると、意外と良くないです?ドル建終身保険!

特に老後2,000万問題で悩んでいる方々は、生命保険で貯蓄は選択肢の1つに入れても良いかもしれません。早ければ早いほど。若ければ若いほど良いですね。

 

ここで保険の見直しや新規加入を検討した方に向けた注意点です!

・生命保険はスペックの良い商品に加入し、解約しないことが大切
・時代は低金利で、生命保険の「予定利率」もどんどん下がっていっています
・良い商品に加入しているが、保険料が高くて解約しようと思っている方は「減額」をオススメします
・また、10年以上加入していて解約を検討している方は「払い済み」をオススメ
・解約しても良いのは最低限「その他保険で備えが万全」であるとき(保険は健康状態が悪かったりすると加入できないこともあるので)
・ドル建終身保険の金額標記はあくまでドルです!為替レートにはご注意ください!

10年、20年前の生命保険は予定利率も高く、いい条件の商品も結構あります。これを「お宝保険」なんて言ったりします。昔の保険を解約する際は、保険証券で内容の確認や、予定利率の確認をしてみてくださいね!

いかがでしたか?終身保険のイメージ、少しは変わりましたか?
皆さんにとって貯蓄方法の1つとして生命保険という選択肢が増えた、という方が1人でもいらっしゃれば嬉しいです。

ではまた次回まで。今回も記事完読、ありがとうございました!

補足コーナー「用語説明」
①解約返戻金=生命保険を解約したときに返還されるお金のこと。種類にもよるが、長く加入し、保険料を支払っていた生命保険ほど金額は高くなる。
満了=保険料の支払いが終わるタイミングのこと。類似語として「満期」もあるが、こちらは生命保険の期間が終了するタイミングのこと。
③予定利率=銀行でいう「金利」のような存在。予定利率が高ければ、保険料も割安になるし、保険料に対して増える金額も高くなります。
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。