生命保険とは何か?覚えるのは3種類だけ【簡単にわかりやすく解説】

Pocket

生命保険に悩む人
生命保険ってみんな入ってるけど、難しい専門用語も多いしよく分からない!基本的なことから知りたいのですが。

 

こういった疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • 生命保険とはお金にまつわる解決策の1つ
  • 生命保険とは?実は3種類しかない【実は簡単】

 

本記事の信頼性
  • 生命保険会社に内勤として10年以上勤務
  • 事務部門の経験から契約上の知識あり
  • 生命保険協会認定FP

 

 

今回は生命保険とは何なのか、そして生命保険を紐解いていくと実は3種類しかないというお話をしていきます。

 

結婚を考え始めたり、いざ結婚をして守るべき家族が増えると幸せを感じる一方で「責任」もあったりしますよね。
生命保険の加入を真剣に考えるタイミングとして王道です。

 

そこで今回は業界の人間であれば基本中の基本である「生命保険とは何なのか」という話と、「生命保険を紐解くと3種類しかない」という話をしていきます。

 

これから説明する内容は「地図でいう方角」くらい重要で、そして基礎的な話となります。
(知らない人が多い情報ですが、理解しておくと役に立ちます)

一緒に生命保険の知識を積み上げていき、自分で生命保険を選べるようになりましょう。

それでは早速解説していきます。

 

生命保険とはお金にまつわる解決策の1つ

生命保険とはお金にまつわる解決策の1つ

生命保険は死んだ時、病気やケガで入院・手術をすると治療費としてお金が受け取ることができます。

つまり

命に関わる経済的危機を解決する手段

といえます。

 

生命保険は必要ないと言う方は多いですが、急にあなたが死んだ後のお葬式代や、当面の奥さんの生活費は貯金がないと厳しいかもしれません。

またあなたがオーバーワークで倒れ、長期入院することになったとしたら、お金がないと困りますよね?そんな時に生命保険に入っていれば安心というわけです。

 

ねおまさ
他にも危機を回避する方法はありますが、生命保険は契約した瞬間に効力を発揮することができることから、合理的な解決策の1つと言われています。

 

生命保険は3種類しかない【実は簡単】

生命保険は3種類しかない

他に例を挙げるているとキリがありませんが、生きているとお金にまつわる「リスク」はたくさんあります。

たくさんのリスクがあるからこそ、生命保険の商品も数多くあり、あなたからすると「どれが良いのかよく分からん」という構図になります。

 

ここからは、分かりにくいとされる生命保険も「実は3種類しかありません」というお話をしていきます。これを理解するだけで生命保険への理解が深まります。

 

人は生きているか死んでいるかのどちらかです。(表現が雑ですみません)

ですので、生命保険の役割も本来はとてもシンプルだったりします。具体的には以下の3種類です。

 

死亡保険

  • あなたが死んだ時に支払われる保険
  • 主な用途→あなたのお葬式代、家族の生活費やお子さんの教育資金など
  • どんな種類の保険がある?→定期保険や終身保険など
生存保険

  • あなたが入院・手術を受けたり、老後の生活費、介護費用などをカバーする保険
  • どんな種類の保険がある?→医療保険や年金保険など
生死混合保険

  • 死んだ時、生きている時両方に対応した保険
  • 主な用途→死亡保険、生存保険の両方の費用をカバーできる保険
  • どんな種類の保険がある?→養老保険

 

この3種類しかありません。地図でいう方角くらい基本的かつ重要な情報です。しっかり覚えておきましょう。

 

まとめ:生命保険に加入するときは「目的」と「基本の3種類」をおさえること

まとめ:生命保険に加入するときは「目的」と「基本の3種類」をおさえること

本記事をまとめます。

 

  • 生命保険は「命に関わる経済的危機を解決する手段」=あなたが生命保険に入る目的
  • 生命保険はたった3つしかない【死亡保険、生存保険、生死混合保険】

 

この2点を忘れなければ、あなたの思う以上にすんなり保険の話を理解することができます。

分からない点は何度も見返してみましょう。

今回は以上です。

Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。