生命保険とは?|助け合いの制度

Pocket

生命保険という商品は実体がない商品です。

・車⇒試乗
・洋服⇒試着

こんなこと出来ません。

そのため、イマイチ必要なのかどうかの判断がつきにくく、また、周りの人に相談しても意見が様々で「何を信じたら良いか分からない!」という方は意外と多いのではないでしょうか。人によって言っていることが違うはなぜでしょうか?おそらく価値観の分だけ意見があるのだと思います。

そこで今回は、生命保険って何?ということについてお話していこうと思います。

この記事はこんな方にオススメです。

生命保険に加入した方が良いとは思っているが、そもそも生命保険の仕組みが良く分かっていない

この記事を読むことで、

生命保険の根本的な考え方を知ることが出来ます

この記事の信頼性の担保ですが、生命保険会社に内勤として10年以上勤める私がフラットに解説します。

生命保険とは?皆さんが説明するとしたらどうする?

さっそく皆さんに問いかけです。もし突然「生命保険って何?」と聞かれたらどう答えますか?しかも幼稚園生や小学生などの小さな子供に。「万が一の時に遺族に支払われるお金が備えられる~・・・」なんていう話はきっとできないですよね。

生命保険にまつわる話にこんなエピソードがあります。

「命の海」
ある保険営業の方が、6歳の子に「生命保険ってなあに?」と聞かれました。小さい子でもわかるようにどのように説明しようって。『この円の中は、世界中の人が住んでいる所で、大きな海の中です。「命の海」と呼ぶことにしましょう。この海の中で、家族を乗せた船をこぐのがお父さんの仕事です。
あるお父さんは小さな舟をこいで、海を渡っています。しかし、この海には危険がいっぱいあるので、お父さんの中には海に投げ出されていなくなってしまう人もよくいるのです。その時は、代わりにお母さんが舟をこがなくてはなりません。でもお母さんは力が弱くてうまくこげない時もありますし、全然進まなくなることも多いのです。
ところが、一方には皆で集まって大きな丈夫な船を造り、その大きな船にたくさんの家族が乗って海を渡る人達もいます。しかし、それでもお父さんが海に落ちていなくなってしまう時もあるんです。
でも代わりにこぐお父さんがいっぱいいるので、残されたお母さんも子供も、無事に海を渡っていくことができます。その大きな船の切符が生命保険なんだよ』

助け合いの輪|相互扶助の精神

どうですか?非常に分かりやすい話ですよね。この仕組みを業界では「相互扶助の精神」といいます。生命保険は助け合いの仕組みで成り立っている、という考えです。これについて東京海上日動のホームページでていねいに解説がされているのでご紹介します。

みんなでお金を出し合い万一に備える。保険は「相互扶助」、助け合いのシステムです。保険の仕組みは、よく「相互扶助」という四文字熟語で表現されます。「相互」とは、言うまでもなく「お互いに」という意味です。保険に加入した人々は、互いに少しずつお金(保険料)を出し合います。多くの人がお金を出し合えば、一人ひとりが支払う金額は少なくて済みますし、一人では負担しきれない大きな金額を集めることができます。
そして「扶助」とは、「助ける」という意味です。保険料を払ったうちの誰かが事故に遭ったり、地震や火災など補償の契約を結んでいた被害を受けたりしたとき、集まったお金の一部を渡して損害を補います。個人レベルでは、みなさん「自分の万一の備えに」と加入する保険ですが、全体として見ると一人ひとりが互いに支え合う仕組みになっているのです。
このように「お互いに助け合う」という基本的な考え方は、損害保険も生命保険も変わりません。

一人の人だけで見れば、事故に遭う可能性はさほど高くないかもしれません。たとえば一生涯、交通事故とは無縁の方もいらっしゃるでしょうし、火災に遭わない方もたくさんいます。しかし何千何万という人が集まれば、その中の誰かが事故に遭う可能性は非常に高くなります。実際、自動車事故は約67秒に1件、火災も約14分に1件起きています。いつ、どこで、誰が出会うかわからない「万一」のために、「一人は万人のために、万人は一人のために」という考えに立って、お互いにお金を出し合って助け合う。それが保険という制度です。
保険とは、さまざまな事故や災害を経験してきた人々が、より小さな負担で安心を手に入れるために助け合いの精神で作り上げた、必要不可欠な社会のシステムなのです。

東京海上日動HP

生命保険は、万が一の備えに対して一番身近で合理的な手段であるといえます。
是非これを機会に生命保険についてもっと知っていって欲しいと思いますし、分かりやすく解説していきたいと思います!

Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

外資系の生命保険会社に総合職として務める30代会社員です。 「生命保険|読書|タイ旅行(主にひとり旅)|ブログ」が好きなアラサーサラリーマンです。 たまに転勤がありつつ、仕事に忙殺されながらも自由に発信できるブログが好きで生命保険ネタを中心に発信しています。 「中立の立場から役立つ情報」をモットーに書いています。