【ライザップ】社会人のダイエット【モチベーション維持の方法】

ダイエットってチャレンジするときはやる気マックスなんですが、
その熱意もすぐに冷めてしまい、
『明日から始めよう』『今日だけ特別』『今日食べても明日挽回』とか色々自分に理由をつけてはダイエットに失敗、なんてことないでしょうか?

今回は私の経験を通じ、ダイエットを継続するために必要なことって何だろうというポイントを整理してみましたのでご参考ください。

記事の内容はこんな感じです。
1.ダイエットするきっかけを腹落ちさせる
2.目標を立てる
3.記録を取る
4.逃げ道を作る
それでは1つずつ解説していきます!

1.ダイエットする「きっかけ」を腹落ちさせる

私自身がそうだったのですが『なんとなくダイエットを始める』
これが一番継続しない原因だったと思います。
なんとなくを細かく突き詰めていくことで、ダイエットするための理由が増えていきます。
恥ずかしながら私の理由をお話しますと、
 ・社会人になってから体重が15Kg増えた
 ・スーツも2年程度に1回全て買いなおし(オーダーなのに・・・)
 ・久々に会う友人からの第一声は「太ったな~笑」
 ・コンパに行っても彼女ができなくなる(切実)
 ・太った自分を直視してしまうので、洋服屋に行っても試着しないし、買うこともなくなった
しかもですよ、ずーと太り続けて気付いたのは、太るって『お金かかるんです』笑
そんなこと考えていたら絶対痩せてやろう!と思い、
ライザップに電話して色々お話を聞き、今トレーニングを受けています。



ダイエットを始めるにあたり『なぜ始めようと思ったのか』は行動のスピードに直結します。
そう思った(感じた)のは何でだろう、というのをご自身の中で繰り返してみてください。
きっと具体的な体験を思い出し、それが行動へのエネルギーに代わるはずです。

2.目標を立てる

ダイエットに挫折していた頃の私は、〇Kg痩せたいと考えていましたが、
期限の設定やどうやって痩せていくのかという計画がまるでありませんでした。
<私の考えるダイエットに目標設定に必要な要素>
①目標体重もしくは〇Kg痩せたい
②いつまでに(期限の設定)
ここで無理な目標は立てないこと!月や週単位で換算したときに無理だと感じたら修正しましょう
③痩せた姿を想像し、どうなり(あり)たいかを具体的にイメージする
これを紙に書いておくと良いですね

3.記録を取る

食事内容や毎日の体重を記録することが重要です。
動きがある時もない時も必ず実践し続けることで、何かしら感じることがあります。
特に、体重に動きのない「停滞期」の時は挫けそうになるときもありますが、
過去の報告を見て『ここまで頑張ったから続けよう』と思えることができました。
ライザップに加入するとライザップタッチというアプリで食事報告するのですが、
無料のアプリもありますので活用してみてはいかがでしょう!

4.逃げ道を作る

これ、かなり重要です!
私は甘いものが大の好物でして、ついついコンビニで買ってしまい、ダイエット失敗の経験は数知れずでして・・・(えへへ)
ライザップを始めてからは食べたくなったら手を出しても良いものを決めていました。
明確に決めておくことでダイエット生活と上手に付き合っていくことが出来ます。
セブンイレブンの寒天ゼリー
このゼリーの良いところは何といっても「 カロリー0 」という部分に尽きます!
夜に食べても全く罪の意識なし!笑
しかも量も多いので満足感も十分に感じることができます。かなりオススメです。
ライザップコレクション
私のブログでは度々登場するこのサイト、会員でなくとも購入できますし、スイーツ全般のクオリティはかなりのものです。
ケーキを定期的に購入していますが、かなり満足しています。
ただし、夜に食べるのは避けましょう!

読んでみると『意外と大したことない』『誰でもできる』ことなのかもしれません。

ですが、その積み重ねが
食事の際に「なぜダイエットをしていて、自分がどうなりたいか」を思い出す事につながりますし、
私自身継続している理由の1つなのかと思います。

ダイエットが続かない方へ/人生を変えるマンツーマントレーニング

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれO型 独身 茨城県出身。 現在は東京に住み、とある外資系企業で内勤として勤務。 今まで会社の転勤で 札幌市(1年半)、名古屋(5年)、東京(~現在)と色々住んできました。住んだ場所であればどの辺が住みやすいか軽くアドバイスもできます(独身男性の視点ではありますが 笑) 日々の生活にちょっと便利なものがないか、常に探しながら生きています。なんで、LOFT(ロフト)や東急ハンズに行くのが大好きです 笑 実際自分が使っていて便利なものや、趣味の中で発信したいと思っています。